コディナ アルガンオイル*使用感/口コミ

コディナ アルガンオイル*使用感/口コミ

  • スコア: 21/25
  • ブランド :コディナジャパン 株式会社musubi
  • 商品名 :コディナ アルガンオイル
  • 容量/値段:レギュラー・100ml/4,968円(税込)
    プティ・10ml/1,404円(税込)
  • ※初回限定・送料無料

アルガンオイルは驚異の抗酸化力と細胞修復再生力を持つ、アンチエイジングの救世主。

全世界で20社にしか与えられていない厳しいオーガニック認証機関・ナチュール・エ・プログレの認証ラベルを取得している、コディナ アルガンオイルを使ってみました。

商品詳細

コディナ アルガンオイルの外箱と小瓶

こんな方にオススメ

  • 肌の乾燥が気になる方
  • 肌のゴワつきが気になる方
  • シワが気になる方
  • 肌のくすみが目立つ方
  • たるみが気になる方
  • 化粧崩れが気になる方
  • ニキビや吹き出物が気になる方

使用感 レビュー/感想

肌状態が納得いかない状態だと、コスメの数を増やすことばかり考えてきませんでしたか?

それで満足できる肌状態になれば文句はないですが、笑顔になれる結果が出るのは非常に稀というもの。

コディナの創始者・ミシェル・ポベダは、植物の生命力を取り入れながら、肌が本当に欲しがるものだけを与えることを提案しています。

ムダなものを省いて自力で潤いをたくわえ、ベストコンディションで代謝できる肌を養い、肌細胞が最大限の力を発揮できる環境作りしましょうと、推奨しているのです。

“肌につけるもの、食するもの、そのすべてがナチュラルでなければならない”

コディナ アルガンオイル・サントル・ロワールの街のイメージ

豊かな水が流れるフランスのロワール河の大地の恵みを受けた自然素材で、限りなく手作りに近い石鹸を作りたい。

彼の真面目な想いから、1994年にコディナは誕生しています。

フランスでは植物油のオーソリティーとしても有名で、植物油の専門書も出版、200種以上もの植物油についてまとめています。

コディナの製品の中でもここ最近注目度が高まっているのが、100%オーガニックのアンチエイジングオイル。

アルガンツリーの種子から抽出された驚異的な生命力で、肌本来の力を取り戻す、コディナ アルガンオイルについて紹介したいと思います。

パッケージ

これがコディナ アルガンオイルの外箱です。

箱全体が黄土色、中央にはCODINAの文字と、アルガンツリーの果実のイメージが茶色でプリントされています。

コディナ アルガンオイルの外箱

外箱からコディナ アルガンオイルを取り出しました。

フタは黒色、ラベルはシルバーで、外箱と同じくアルガンツリーのイラストが。

1番に目に飛び込んできたのは、アルガンオイルの色で、透き通る黄金色!

黄金色と言えばゴージャスに感じるけれど、キッチンに常備しているオリーブオイルのような色味です(笑)

コディナ アルガンオイルの小瓶

入手したのは10mlのプティサイズですが、レギュラーサイズは下の写真の通り。

レギュラーサイズの方は、取り出し口がミストタイプかディスペンサータイプぽいですね。

そう思った理由は、容器の中にストローが通っているからなの。

コディナ アルガンオイルのレギュラーサイズとお試しサイズ

ミストタイプかディスペンサータイプの方が絶対に使いやすくて、プティのこのタイプはあまり好きじゃないの。

その理由、この写真のオイルの出し口を見て想像できるかな?

コディナ アルガンオイルの蓋を開けた写真

睡蓮

写真を撮るために、見栄えがいいようにフタを置いたのだけど、実は逆向きにフタを置くのが正解。

化粧水や乳液などフタを置く時は、テーブルの上の雑菌が混入しないように、逆向きに置くクセをつけるのがおすすめです。

特にオイルの場合はね、逆向きに置かないとお掃除が大変になるのよー。

オイルは出し口付近にオイルがつきやすく、自然とフタにもオイルがついてしまいます。

フタを取ったそのままの状態でテーブルに置くと、フタサイズのオイルの丸があっちにもこっちにも(笑)

肌に塗るために手にオイルを取り出すこともあって、そこら付近がテカテカになることが多いの。

フタタイプの全てのオイルに起こりうるデメリットなので、汚れるリスクが少ないスプレータイプをセレクトする方が不満を感じにくいと思います。

脱線してしまいましたが、スプーンにコディナ アルガンオイルを出してみました。

透明なのだけれど、ちょっと黄色っぽいでしょ?

コディナ アルガンオイルをスプーンに取った写真

つけ心地

コディナ アルガンオイルを、手の甲に出してみました。

何も考えずに手の甲に出したのですが、あっと言う間に流れていくので焦りました。

ここは落ち着いて、手のひらに出すべきでしたねー。

コディナ アルガンオイルを手の甲にのせた写真

浸透

コディナ アルガンオイルを、手の甲になじませました。

ここ最近いくつか美容オイルの使用感をお伝えしたのですが、1番伸び具合がオイルっぽい

時々エクストラバージン・オリーブオイルでネイルケアとかするのですが、まさしくその使用感と似ています。

取り出しすぎたかなぁ、手の上ではなかなか浸透しにくかったです。

コディナ アルガンオイルを手の甲に伸ばした写真

あとすこし独特な香りがするのですが、多分これ、原材料そのままの香りです。

私はなんとも感じませんでしたが、苦手と感じる人がいるかもしれません。

保湿

コディナ アルガンオイルを、手の甲になじませました。

艶やかなの、わかりますか?

実はこの時点ではヌルッとした感触が残っていたので、あまりいい印象を受けていませんでした

口コミ見ると「サラッとしている!」「ベタつかない」と絶賛している人が多いのです。

でも本当にそうかなぁ・・・と、手の上ではイマイチな感想でした。

コディナ アルガンオイルを手になじませた写真

おすすめの使用方法

コディナ アルガンオイルの使い方

基本はコレ、化粧水前のブースターとして

洗顔したらタオルドライをして、顔全体にコディナ アルガンオイルを馴染ませます。

その後に化粧水を使えば、有効成分が浸透しやすくなります。

頭皮ケアとして

シャンプーをする前に頭皮にコディナ アルガンオイルをつけ、指先で軽くマッサージをします。

オイルが毛穴の中まで馴染むので、落ちにくい汚れが浮きやすくなりますよ。

ボディケアとして

お風呂上がりや就寝前、乾燥が気になる部分にコディナ アルガンオイルをつけて、優しくマッサージします。

ヘアケアとして

シャンプー後に髪をタオルドライして、コディナ アルガンオイルを揉み込みます。

ドライヤーの熱から髪を守り、パサついた髪をしなやかに落ち着けられます。

睡蓮

コディナ アルガンオイルはいろんな使用方法があるので、その日の夜に私なりのアレンジを加えて使ってみました。

まずは入浴前に頭皮マッサージ、顔のお手入れをする人は多いけれど、頭皮ケアはしたことがないという人が多いでしょう?

顔の肌と同じく頭皮も年々コンディションが悪くなるので、ケアしないと顔のたるみを悪化させる原因になります。

思ったよりベタつきなし、シャンプー後の頭皮はしなやかで、とても気持ちよかったです。

次にお風呂に数滴落として、ゆっくり入浴を楽しみました。

これだけでお風呂上がりの肌が全身変わっていましたからね、ズボラさんにはおすすめのお手入れ方法です。

続いてタオルドライ後の顔と髪につけてみたのですが、手の上でのイマイチの感想が真逆の感想に!!

お風呂上がりは体全体温まっていてオイルが馴染みやすいので、感想が変化したのだと思います。

髪も顔の肌も本来の良い状態に近づいた感じで、とても肌触りがよくなりました。

最後にボディケアね、オイルそのままつけてみたのと、ボディミルクに混ぜてつけてみたのと。

何かに混ぜて使う方が、万人受けする使用感になるのでは?と思います。

ただし化粧水に混ぜるのはパスかな、手の上でブレンドしている間にこぼれてしまいます。

上手に使うコツは、つけたらしばらくそのまま放置すること。

オイルなのでつけた直後はベタついて当然、肌に馴染むのをゆっくり待てば、満足できる肌状態になると思います。

朝はメイク前に使っただけですが、ファンデがピッタリ密着、透明度も高まり、化粧崩れはいつもと変わりませんでした。

特徴成分

コディナのアルガンオイルは、独自の伝統的な技術で有効成分を丁寧に圧縮して抽出。

不純物を除去して純度を高めた、100%オーガニックのクオリティの高い未精製オイルです。

創始者・ミッシェル・ポベダの理念のもと、本当に安全で肌に必要なものだけを製品にしています。

コディナ アルガンオイル・創始者michelPobeda

ここでは特徴成分について触れたいのですが、この製品の全成分はアルガニアスピノサ核油だけ、つまりアルガンオイルのみなのです。

そこでアルガンオイルの魅力について、あらゆる角度から紹介していきたいと思います。

モロッコのみに生息するアルガンツリーの種子から抽出

コディナ アルガンオイル・モロッコのみに生息するアルガンツリー

アルガンツリーは8千万年という長い期間、水も少ない砂漠の厳しい環境を生き抜いてきた強い生命力を持つ植物です。

地域の人々からはモロッコの黄金と呼ばれ、食用・美容・健康目的で幅広く愛され続けています。

アルガンオイルには、生命力の源とも言える有効成分がたっぷり含まれています。

50mlを採取するのに必要な種子は約200個、肌に必要な成分だけを凝縮して、コディナ アルガンオイルは作られています。

驚異的な抗酸化力を持つアンチエイジングオイル

コディナ アルガンオイル・アルガンツリーの種子

オリーブオイルと比較すると、約2~3倍のビタミンE(トコフェロール)が含まれています。

ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれ、強い抗酸化作用を持っていて、優れたアンチエイジング効果を発揮します。

血液循環を促進する効果も高く、美肌作りを考える時にはなくてはならない成分です。

体のサビと言われる活性酸素を除去する効果、新陳代謝を活発にする力も認められています。

肌のモイスチュアバランスを整える

コディナ アルガンオイル・種子から取り出した実

アルガンツリーは、数年間雨が降らなくても枯れないと言われていて、厳しい環境を生き抜くために強い保水力と生命力を兼ね備えています。

驚異の生命力を持つ木に実る果実には、オレイン酸やリノール酸などの良質な脂肪酸が含まれています

コディナ アルガンオイル・アルガンオイルの脂肪酸組織

脂肪酸は加齢と共に減少する皮脂の代わりになり、潤い成分が蒸発するのを防いみずみずしいふっくらした状態を維持します。

シミ・ソバカスを予防する

人間の皮脂に近いオレイン酸は、日焼けによるシミやソバカスを予防、紫外線から肌を守る効果を持っています。

コディナ アルガンオイル・オイルのイメージ

全成分

コディナ アルガンオイル・全成分

アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)

低刺激性

気になる成分やその低刺激性について触れたいところですが、全成分がアルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)のみとなると、チェックすることがありません。

そこでコディナ アルガンオイルがどれほど厳しい基準をクリアして作られているかについて、触れていきたいと思います。

コディナ アルガンオイル・オーガニック認証・nature&progresのマーク

フランスのオーガニックコスメ認証機関は、エコサート(ECOCERT)が有名です。

ところがナチュール・エ・プログレの方が歴史は古く、権威もエコサートよりも高いです。

ナチュール・エ・プログレの認定基準は驚く程厳しいので、以下の引用文で紹介しておきたいと思います。

NATURE & PROGRES(ナチュールエプログレ)はフランスで最も歴史と権威のある、会員数1,400名を越える最大のオーガニック組織です。

認定を得るには、原料についての検査だけではなく、 育てる土壌は5年間、農薬や化学肥料を一切使わないで栽培された農地で、 農薬や化学肥料を一切使わないで生産された植物に限ります。

また、 パラベン、保存料、着色料などの合成料の混入は一切認めておりません。

※認定基準の一部

・ 原料はNATURE & PROGRES指定した100%自然素材を使用すること

・ 原料は100%オーガニック原料を使用すること

・ 育成過程、育成土壌は農薬、化学肥料は不使用(過去5年間含む)

・ パラベン、保存料、合成料などの合成物質は一切の混入を認めない

・ 公害対策(排気ガスが放たれる高速道路、国道、地方道路などから500m以上離れていること)

・ 原料の取得において環境を破壊する行為がないこと。

・ 作業道具、栽培、加工、包装方法基準

・ 土壌分析による審査

実に100以上の厳格な基準をクリアしなければ、オーガニック認定は付与されません。

引用元:世界の認定機関を比較!

睡蓮

「こんな基準で製品作るのムリじゃん」と思いました。

でもこの基準をクリアしている会社は、全世界に20社もあるのです、すごいことですよね。

如何に真面目に製品開発をしているのか、その姿勢がうかがえます。

コディナ アルガンオイルはこの基準をクリアしているのよね、安全性と信頼度は最高峰だと断言できます。

総評/まとめ

※使ってみて気づいた良かった点、改善してほしい点をまとめました。

改善してほしい点

プティサイズの取り出し口!!!

出口の穴が大きい分、どれくらい出るかの予測がしにくく、出し口周辺にたくさんオイルがつきます。

いろんな使い方を試したせいもあるのですが、気が付けば家のあちこちがオイルでテカテカ。。。

いくらお試しサイズと言っても、もう少し工夫してほしいです。

良かった点

こういった通販コスメを購入すると、注文に対するお礼のカードが同封されていることが多いです。

そのカードには手書きで私の名前と、2行程度のメッセージ、スタッフさんの名前が書かれていました。

こういうちょっとした心配り、嬉しくて記憶に残ります。

あとね、4YOUで美容オイルをリサーチすること3本目なのですが、どのオイルもこだわりがある良い製品でした。

どちらもお気に入りのオイルなので、よかったらご覧になってください。

プロなので自分で肌管理はきちんとできていると思っていたのだけど、ここ最近肌コンディションに不満が多かったのは事実なの。

アラフィフという年齢で徐々に肌変化があり、どう頑張っても思い通りの結果にならず、挙句の果てには「年のせいか?」なんて現実逃避するようになっていました。

ここ最近の美容オイルのリサーチのおかげで、足りていないのは良質な皮脂ではないか?と感じるようになりました。

オイル否定派だったのに、良質なオイルに対しては肯定派になってしまいました!

コディナ アルガンオイルは、使用感を伝えたオイルの中でも一番リーズナブルなオイルです。

乾燥しやすい全身にたっぷり使うの、すごくいいと思います。(もちろん使いやすいレギュラーサイズのミストタイプの方・笑)

PR:ご購入はこちらから

詳しくはこちらから↓

美容液まとめ

これまでにレビューした美容液を、「おすすめ」「エイジングケア」など切り口別にまとめました。

自分に合った美容液を探している方の参考になれば、幸いです:)

睡蓮(スイレン)

睡蓮(スイレン)

大手化粧品会社でビューティコンサルタントとして7年勤務、結婚退職後に友人や知人に頼まれ、セミナー講師やエステティシャンとして活動しました。数年前から体調の都合で美容系ライターに。 人が老化する原因や理由に興味があり、アンチエイジングについて独自研究をしています。豊富な美容職経験で得た知識で、役に立つ美容情報をお届けしたいと思っています。

chat_bubbleコメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

vertical_align_top